A LIFE IN JAZZ|第二章|一度きりの人生を豊かに過ごす秘訣

音楽の紹介やその雑学、読書、生活知としての哲学、など幅広く書いています。

MENU

第五回ジャズの名曲〜ストレッチにも使える?体が自然と動きだすジャズ集〜

こんにちは

今回は第五回ジャズの名曲ということですが

テーマは”体が動き出す音楽”です。

在宅ワーク等で、最近運動していないなと感じる方

コロナによる外出自粛で、気が滅入っている方もいらっしゃるかと思います。

そこで、是非活用していただきたい明るい気分になるジャズの曲をご紹介いたします。

お子さんと一緒に音楽に合わせて踊ってみても楽しいかもしれません☺️

The Hippest Cat in Hollywood(Horace Silver

ファンキーといえば彼の曲を思い浮かべることでしょう、彼のキャッチーでどこか懐かしいアドリブはブルースの土着感を感じる。民族音楽やブルージーな音楽が好きな人にオススメ!

Joy Joy(Kinga Glyk) 

1997年ポーランド出身の女性ベーシスト、キンガ・グゥイク

ジャズのテクニックだけでなく今時の若者に向けたポップな曲調がカッコイイ

上手いのに気取らない、見ているだけでもハッピーになる下のMusic Videoも必見。

The Sidewinder(Lee Morgan

悲劇のトランペッター”リー・モーガン”の最も有名な曲と言っても過言ではないでしょう。

これもまた、ブルースやホットなジャズが好きな方にオススメです。

 

Wave(Antonio Carlos Jobin)

ボサノヴァ”という言葉を初めて使った人物としても有名なブラジルの作曲家で、様々な楽器もこなすマルチプレイヤーアントニオ・カルロス・ジョビンの名曲、生活音としても活用できます。

Cantaloupe Island(Herbie Hancock) 

ハービー・ハンコックの名曲として多く知られています。

セッションでもよく最後締めの曲として使われたりします。

Song For My Father(Horace Silver

ちなみにこのジャケ写真の葉巻をくわえたおじさまは

同曲の作曲者であるホレス・シルヴァーの父親、ジョン・タヴァレス・シルヴァです。

彼の父親の故郷の、カーポベルデ島の音楽からインスピレーションを得たようです。

 

The Chicken (Alfred "Pee Wee" Ellis)

この曲は↓動画のエレクトロニックのベーシスト、ジャコ・パストリアスがアルバム”Invitation”で取り上げたことで有名になりました。

 

Moanin'(Bobby Timons)

ジャズメッセンジャーズでお馴染みのあの曲、ジャズを聴かない方も一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

Liberated Brother(Horace Silver

夏のサンサンと照りつけた太陽を感じさせる、そんな曲です。

 

いかがでしたでしょうか?少しでもいいなと感じる曲があれば幸いです!

それではまた!